スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文フリ19に向け

 義里です。
 第十九回文学フリマへの申し込みが完了しました。
 今回も抽選はなさそうとのことで、出展できそうです。

 前回私用により私は参加できず、迷惑をかけてしまいました。
 今回はおそらくブースにいることができそうなので、現在から準備を進めています。

 久しぶりのオンデマ短編集を出そうという予定ですが、間に合うかなあ……。
スポンサーサイト

第十四回文学フリマお疲れ様でした

 第十四回文学フリマが終了しました。
 2012年5月6日(日)第十四回文学フリマ開催 - http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20120506

 「絶望系青春同盟」C-16にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。




 義里です。
 一年ぶりの参加ということで、緊張していなかったというと嘘になります。
 新たな会場での初参加であったり、オンデマ本再開や行程変更であったり、トラブルであったり……。
 毎回の準備不足を意識して対策を講じてきたのですが、そこからさらに必要になるものがあり、そこまで揃えることができなかったのが大きかったのかもしれません。
 まず大きなミスは会場移動でした。移動計画に欠陥があり、平和島駅についた時点で十時直前、そこから歩いて三十分。サークル入場開始からかなり遅れての到着でした。
 準備後のブースの様子はこちら。
s-SANY0086.jpgs-SANY0083.jpg
s-SANY0084.jpgs-SANY0085.jpg
 ポスター、値札・POPなどは準備できたものの、台やポスタースタンドなどを準備したかったな、というのが個人的反省の一つです。
 会場は初めて入ったものの、広さや雰囲気がPioとはまた違った感じで驚きでした。チラシ置き場・見本誌の場所も異なっており、事前にもっと会場まわりも計画しておけばよかったと思いました。チキンカレー美味しかったです。

 今回、大きかったのは売り子さんの存在です。当日、旧友のZさんにお手伝いいただきました。売り場を離れることに関してはやはり注意を払う必要があるので、人手があるだけでとても楽になりました。三十分で準備が大半完成したのもZさんの要因は少なくありません。
 中編集装丁に関して。前回などのタイトルのみでなく、あらすじなどを加え工夫してみた結果、手にとってくださったお客様が比較的多かった気がします。しかしながら、「手にとっていただく」から「お買い上げいただく」までが次のハードルで、それを越えられなかったという印象でした。

 短編集に関して、もう一つ計画していたのが電子書籍との同時公開でした。しかしながら出先での編集が滞ったため、終了後の公開になりました。また、実は先に紙本版印刷してブースに並べる案もあったのですが、計画上変更せざるを得ない状況でした。次回以降余裕があればやってみたいです。
 アドレスはこちら。サービスとしてBCCKSを利用しました。


 http://bccks.jp/bcck/105931/info



 電子書籍版は105円で、PC/iPad/iPod/Androidで閲覧することが出来ます。さらに、印刷代と送料を追加すると紙本がお手元まで届きます。コピ本版とは異なり、見栄えの都合上文庫版装丁にしました。
 あくまで実験ですが、よろしくお願いします。

 次回も参加を計画してはいますが、毎度の通り半年後の予定が決まっていない以上どうなるか分かりません。
 今後もネット上で活動しつつ、こちらでの発表もしていきたいと考えています。
 最後になりますが、参加者および事務局の皆様、ブースに来てくださった皆様、ご挨拶させていただいたtwitter関連の皆様、そして手伝ってくれたZさんに、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

ブース番号とかメモとか


 義里です。
 第十四回の封筒が届き、ブース番号も決定しました。
 「絶望系青春同盟」は1Fの中央付近、C-16です。
 さて、前回出展できなかったことで、今回私たちがTRCに行くのは初めてです。移動や開催時間の違いを含め、予定が過去参加と異なり、少しばかり不安がありますね。
 アーカイブスから会場画像を見ると広さや柱の位置などからこういう配置にしたのだろうというのが分かって楽しいです。PiOの2Fの時のような配置になっているという風にもいえるのかもしれません。
 今回はGWラストということで、人出もまた違うのではないでしょうか。私たちも早めに東京入りして遊んだりしたいと思っています。

 そのうち恒例の頒布一覧記事を作る予定なのでよろしくお願いします。
 さてポスター作成作業に戻らないと……。

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

記事テスト

同盟のディティール担当ともてはやされて早二週間。少色です。こちらではお初です。

ディティール担当といっても、それっぽい規則を作ったりなんだりと、いわゆる絶望系青春同盟というサークルがどんな存在なのか勝手に設定しているだけだったりします。

現在文学フリマのUst配信を見ながら記事書いてますが570!? という感じです。落選なしということで一安心しております。過去記事を見てもらえば分かる通り当サークルでは始めて本を出すのが第11回文学フリマという予定であります。

問題点はサークル名である"青春"にまつわる本が出せるかどうかという点であります。

…………期待しないでください!!

ともあれ、私たちの物語を頑張って皆様に届けようと思います。

ではそういうことで。

テーマ : ヒトリゴト
ジャンル : 小説・文学

第十一回文学フリマ申し込みとか

こんにちは義里です。

さきほど、第十一回文フリに申し込みを送りました。
もしかしたら抽選になる可能性もあるのでくわしくは確定してからになります。
それぞれがまず一冊、それと合同企画本の予定。予定立てるのは楽しいです! なんにおいても!

必死にキーボードたたいたり印刷所探しをしているところ。十二月までまだ遠いので詳しいことを書いたりすれば鬼が笑うのと同じ効果が得られそうな気がします。

このブログではお知らせのほかにも近況報告や掌編とかを載せていければなあ、とか。半分独断。こんなこと少色に訊かずに書いていいのだろうかと一抹の不安。

それではまた潜ります。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

despairyouth

Author:despairyouth
絶望系青春同盟
物語サークル。

●メンバー
・少色(twitter@syousiki)
 小説書いたり麻雀打ったり。
 同盟のディティール担当。
 執筆のほか、表紙写真およびデザインを担当。
 http://syousiki.blog53.fc2.com/

・義里カズ
 物語書き。いろんな所で文章公開中。
 同盟の手続き担当。
 執筆のほか、各種手続およびレイアウトを担当。
 http://aerial.kitunebi.com/

●終了イベント
2010/12/05 第十一回文学フリマ
2011/06/12 第十二回文学フリマ
2012/05/06 第十四回文学フリマ
2012/11/18 第十五回文学フリマ
2013/11/04 第十七回文学フリマ
2014/05/05 第十八回文学フリマ

●これからの参加予定イベント
2014/11/24 第十九回文学フリマ

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
既刊一覧
○2014/05/05 第18回文学フリマ
・「ハインダー・ハイエース」少色
「ハインダー・ハイエース」少色


○2013/11/04 第17回文学フリマ
・「アナザー・アナバイオシス」少色
「アナザー・アナバイオシス」少色
・「青い引力」義里カズ
「青い引力」義里カズ


○2012/11/18 第15回文学フリマ
・「さよならという子」義里カズ
「さよならという子」義里カズ
・「We Are Romantic 4」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 4」絶望系青春同盟・編


○2012/05/06 第14回文学フリマ
・「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
・「雪はまるで泥のよう」義里カズ
雪はまるで泥のよう」義里カズ


○2011/06/12 第12回文学フリマ
・「私の存在証明」義里カズ
「私の存在証明」義里カズ
・「トラブラー・トラベラー」少色
「トラブラー・トラベラー」少色
・「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編


○2010/12/05 第十一回文学フリマ
・「ラムネクラブ」義里カズ
ラムネクラブ/義里カズ
・「厳格的殺人鬼社会」少色
厳格的殺人鬼社会/少色
・「We Are Romantic」 絶望系青春同盟・編
WeAreRomantic/絶望系青春同盟・編

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。