スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【短編】蠍の覚悟

 義里です。
 最近気温が驚くほど下がって体調を崩したこともありますが、なんとかいろいろやっています。


 さて、第15回文学フリマ参加の告知です。
 参加申込・入力・振込が完了しているので、何事もなければ絶望系青春同盟は11/18参加できそうです。
 サークルスペースは1F「F-20」。入口通って左手の壁中央です。今回はカタログ文けっこう遊んでいます。

 新刊としては、まずサークル誌「We Are Romantic 4(仮題)」。二人の短編を掲載する予定です。おそらくコピ本です。
 また、義里カズ個人オンデマ本「さよならという子(仮題)」を予定しています。前回個人誌で掲載した同タイトルの短編から始まり、「四月」「五月」「六月」の三か月を描いた三短編を予定しています。前々からしっかりした形で完結させたいという気持ちがありました。
 既刊としては、前回のオンデマ本「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」を10冊程度持っていくということになるかもしれません。(→あらすじ等は前回の宣伝エントリをどうぞ)
 そのほか詳しい情報は、恒例のお品書きエントリで掲載する計画です。そのうちです。そのうち。



 さて、今回の突発短編。
 七夕ものもしくは星座ものです。七月七日に間に合わなかった、というわけではなく、要素を経て形にしたという感じです。
 タイトルは「蠍の覚悟」。追記からどうぞ。




続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

【短編】アメジストの早計

 お久しぶりです、義里です。
 半年ぶりくらいの更新になるのでしょうか。前回の文フリでスケジュールの都合により出展を止めたので、それによりここの更新も止まっていた感じです。

 第十四回文フリの出展参加募集が始まり、絶望系青春同盟も申し込みをしました。詳しい内容は未定ですが、新たにオンデマで合同中編集などを考えています。本当のところを言うとメンバーの予定も未定なので詳しいことは言えない感じになっています。せめて当日の予定が空けばいいのですが。

 今回の突発短編は、石と部活と痛みの話。
 嘘って重くて、奥に溜まる感じがします。

 続きを読むからどうぞ。

続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

【短編】動揺文化祭

 こんにちは義里です。
 さて、第十二回文学フリマは抽選無しということで、今回も絶望系青春同盟として参加する予定です。
 まだ詳しい内容を発表する段階ではありませんが、短編集や新刊の計画を進めています。だせたらいいなあ。

 さて突発短編です。
 文化祭のささやかな打ち上げとなる、ファミレスでのある部活の会話。
 ほろ苦い青春モード。追記からどうぞ。




続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

孤独のグルメ 第一話 宮城県北部のショッピングセンターの野菜カレーセット

 孤立のグルメ 第一話 宮城県北部のショッピングセンターの野菜カレーセット

 大学生の夏休みというのはとにかく暇なことで有名だが、俺もその例に漏れず、だらだらと休みを満喫していた。
 今年の夏はとにかく暑く、家にまともな冷房設備がない俺は、涼むために高校時代から乗っているスクーターを駆り、十五キロ先のショッピングセンターへと毎日のように通いつめた。目的は人がいないゲームコーナーと昼食のためである。
 平日のゲームコーナーは、夏休みの間とはいえさほど混み合わない。メダルゲームコーナーには、家に居場所がないのだろうか、いつも同じ顔のバアサンたちがいたりもするのだが。
 ただし昼時のフードコートとなると、夏休み期間中の小中学生や高校生であふれ、そこそこの混み具合になる。なので、開店と同時にゲームを始めた時は、決まって十一時四十五分には昼食をとった。
 mds
 フードコートには、ラーメン屋、牛丼屋、カレー屋があり、その脇にたこ焼き屋とドーナツ屋が並んでいる。その日は、前日、前前日にラーメンと牛丼を食べた所だったし、わりかし空いているカレー屋の前に立った。
 時間が早いこともあって、まだまだ混雑していない。窓際の席を確保してからメニューを眺める。種類はそこそこにあるようだ。セットの他に、単品のメニュー、ドリンク・・・・・・。どれも食ってみたいが、財布にあまり余裕がある方でもないし、手頃な所で、一番安い野菜カレーセットを頼むことにした。
 カウンターに立つのは、どうやら本物のインド人である。店の看板にも、本格インド料理と書いてあるし、奥の厨房にいるのもインド人のようであった。
「ナンとライス、どちらにしますか」
 文字にすると分かりづらいが、nの発音が微妙に日本人っぽくない。
 それよりも、メニューに出ているのはナンのみで、ライスがあるなんて考えてもおらず、俺は面食らった。
「あ、あ、あ、えーと、ナンで」
 散々口ごもったせいで、後半は、「んんで」みたいな発音になってしまった。しかもそのせいで、
「ライスでよろしいですか」
 なんて聞かれるザマである。
「あ、はい」
 しかも頷いてしまう。格好悪いことこの上ない。
 席に戻って、五分もせずにカレーがやってきた。
 ナンだったはずのライス、黄色味が強いカレー、サラダ、ドリンク(コーラ)がついて、六百八十円。ライスとカレーは別々の皿、サラダは金属製で水滴がつくほど冷えている。ドリンクのコップは小さいが、代わりに大きめの氷が三つ浮かんでいる。これで六百八十円ならば、ボリュームは十分だろう。
 カレーを口に運ぶ。野菜の姿はあまり見えないが、しっかりカレーの味がする。あまり辛いカレーではないようだ。今度は、ライスと一緒に口に運ぶ。辛いもの好きの俺にとっては少々物足りない気もしたが、これはこれで体に優しそうだ。
 おもしろかったのはサラダだ。レタスにトマト、それにドレッシングというシンプルな物だが、薄いクラッカーのような物が入っていて、口の中でパリパリと音を立てる。レタスと一緒に食べると、シャリシャリパリパリと楽しい。
 優しいカレーと、音の良いサラダを食べ終え、コーラを飲み干して、俺は席を立った。これからもっと混み始める時間だ。俺みたいなのが一人で長居しては邪魔になるに違いない。
 帰り際、厨房の方をのぞくと、中でインド人がナンの生地をのばしていた。おそらく、この場で焼いているのだろう。
 次来るときは、今度こそナンで、辛いカレーを食べよう。そう思いながら、俺はゲームコーナーに戻るのであった。

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

【ショートショート】帰路と誕生日

 こんにちは義里です。
 第11回文学フリマにて無料配布した折本「帰路と誕生日/義里カズ」を公開します。
 置き方が悪く、結構余ってしまいました。毎度添えればよかったのに……!

 pdfファイルはこちらです。
 紙は薄い方がきっちり折れるかもしれません。
http://aerial-futurologist.up.seesaa.net/text/8pmaker6.pdf

 なお、pdfの作成は8p折本メーカー様を利用させていただきました。御礼申し上げます。

 本文は追記からどうぞ。

続きを読む

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

despairyouth

Author:despairyouth
絶望系青春同盟
物語サークル。

●メンバー
・少色(twitter@syousiki)
 小説書いたり麻雀打ったり。
 同盟のディティール担当。
 執筆のほか、表紙写真およびデザインを担当。
 http://syousiki.hatenablog.com/

・義里カズ
 物語書き。いろんな所で文章公開中。
 同盟の手続き担当。
 執筆のほか、各種手続およびレイアウトを担当。
 http://aerial.kitunebi.com/

●終了イベント
2010/12/05 第十一回文学フリマ
2011/06/12 第十二回文学フリマ
2012/05/06 第十四回文学フリマ
2012/11/18 第十五回文学フリマ
2013/11/04 第十七回文学フリマ
2014/05/05 第十八回文学フリマ
2014/11/24 第十九回文学フリマ
2015/11/23 第二十一回文学フリマ
2016/05/01 第二十二回文学フリマ
2016/09/04 第一回文学フリマ岩手


●これからの参加予定イベント
2017/05/07 第二十四回文学フリマ
2017/06/11 第二回文学フリマ岩手

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
既刊一覧
○2016/9/4 第1回文学フリマ岩手
・「ロリータの温度」 少色



○2016/6/1 第22回文学フリマ
・「制服探偵」 少色



○2015/11/23 第21回文学フリマ
・「あの頃一番の輝石」義里カズ



○2015/5/4 第20回文学フリマ
・「エンドビレッジ・アンドビッチ」少色


○2014/11/24 第19回文学フリマ
・「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」絶望系青春同盟・編
・「二十万と一つの印(マメ本版)」義里カズ


○2014/05/05 第18回文学フリマ
・「ハインダー・ハイエース」少色
「ハインダー・ハイエース」少色


○2013/11/04 第17回文学フリマ
・「アナザー・アナバイオシス」少色
「アナザー・アナバイオシス」少色
・「青い引力」義里カズ
「青い引力」義里カズ


○2012/11/18 第15回文学フリマ
・「さよならという子」義里カズ

・「We Are Romantic 4」絶望系青春同盟・編



○2012/05/06 第14回文学フリマ
・「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
・「雪はまるで泥のよう」義里カズ
雪はまるで泥のよう」義里カズ


○2011/06/12 第12回文学フリマ
・「私の存在証明」義里カズ
「私の存在証明」義里カズ
・「トラブラー・トラベラー」少色
「トラブラー・トラベラー」少色
・「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編


○2010/12/05 第十一回文学フリマ
・「ラムネクラブ」義里カズ
ラムネクラブ/義里カズ
・「厳格的殺人鬼社会」少色
厳格的殺人鬼社会/少色
・「We Are Romantic」 絶望系青春同盟・編
WeAreRomantic/絶望系青春同盟・編

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。