スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十九回文学フリマに参加します - 絶望系青春同盟ウ-54


11月24日、第19回文学フリマに、絶望系青春同盟が参加します。
今回は田舎村を舞台とした短編集「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」を頒布します。

2014/11/24 月(祝) 11:00-17:00 東京流通センター(TRC) 第二展示場(E・Fホール)
第十九回文学フリマ ブース:ウ-54「絶望系青春同盟」
(二階Fホール中央付近)
サークルwebカタログhttps://c.bunfree.net/c/bunfree19/2F/%E3%82%A6/54
bunfree19-post-a


○「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」 / 絶望系青春同盟・編s-hyoushi-a5dpi150.jpg

[短編集/A5版オンデマ本/56P/500円(予定)]
山間部にある田舎の村、尾輪里村。その静かな村を象徴している出来事。それは当人たちにとってはあまりに重要である。

収録作
ハインダー・ハイエース / 少色
 地元の施工業者で働く真。泊まりに来た従妹のミオをあしらっていたが、今年は。
切れ目の記憶 / 義里カズ
 引きこもりの女の子、美並ちゃんのことを今日も僕は見舞いに行く。ところで村には不穏な空気が流れていて。
残る響き / 義里カズ(おまけペーパー予定)
 将来に憂い顔の中学生久美香と、ある感情を抱える葉茅先生。彼らの別れ。

試し読みはこちらtameshiyomi_war5.txt [txtファイル、16KB]

○「二十万と一つの印(マメ本版)」 / 義里カズ
[短編/マメ本/48P/200円(予定)]
bunfree19-mamehon1
 ――暗い部屋にいた女の子は印を集めていた。
 古びた小学校を再び訪れる。そこにあるべきものを探して。あるかどうかは分からない。それはあの時、彼女が残そうとした印であり、特に大きくもない、願いだった。僕はあの部屋で彼女と出会い、その願いを知ったのだ。


 以前公開した短編を小さな本にしました。手のひらサイズです。
 マメ本という都合により10部限定です。


その他ペーパー等を予定しています。
 当日は少色、義里カズがブースにいます。
よろしくお願いします!

----------
関連リンク
文学フリマ公式
文学フリマwebカタログ

第十八回文学フリマに参加します - 絶望系青春同盟F-12


     ※このイベントは終了しました


5月5日、第18回文学フリマに、絶望系青春同盟が参加します。

2013/05/05 月(祝) 11:00-17:00 東京流通センター(TRC) 第二展示場(E・Fホール)
第十八回文学フリマ ブース:F-12「絶望系青春同盟」
(一階Eホール左壁を進んで中央)
サークルwebカタログhttps://c.bunfree.net/c/bunfree18/962

頒布作一覧
○「ハインダー・ハイエース」少色
 [新刊/短編/コピ本/64ページ/300円(予定)]

 14歳のミオと25歳の真、いとこ同士の話。ミオは毎年夏休みになると、母の実家であり真の住んでいる「村」の家に泊まりに来ることになっていた。一年の時は部活の合宿のためいけなかった、二年の今年は例年通りの運びとなった。
 母の実家の一人息子である真は、現在25歳。ミオが小さかった頃はよく遊び相手になっていたが、就職して以来その機会も減った。ミオは毎年真と遊ぼうとするが、真はそれを断り続けていた。しかし今年の夏、真の出張車にミオが紛れ込んできて……
 
一章 夏来たるもの
二章 過ぎ去らぬもの
三章 夏は眠らず
41F20046.png


 その他チラシを予定しています。
 当日は少色がブースにいます。申し訳ありませんが今回義里カズは休みです。
 よろしくお願いします!

----------
関連リンク
文学フリマ公式
文学フリマwebカタログ

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

第十七回文学フリマに参加します - 絶望系青春同盟F-35


     ※このイベントは終了しました

十一月四日、第17回文学フリマに、絶望系青春同盟が参加します。

2013/11/04 月(祝) 11:00-17:00 東京流通センター(TRC) 第二展示場(E・Fホール)
第十五回文学フリマ ブース:F-35「絶望系青春同盟」
(一階Eホール左壁を進んで奥、休憩所近く)
サークルwebカタログhttp://c.bunfree.net/c/bunfree17/1F/F/35

頒布作一覧
○「アナザー・アナバイオシス」少色
 [新刊/短編/コピ本/24ページ/100円]

 鈴木ちせらは黒髪ロングでゴシックロリータに身を包んだ女、佐藤優子に出会う。黒ロンの色、彼女たちの色がそのままでありますように。
 表紙画像はこうなる予定。
 s-38690EDE.jpg

○「青い引力」義里カズ
 [新刊/連作短編/コピ本/ページ数未定/100円]
 夏祭りにすれ違う少年少女の選択。

s-hyoushi-B.jpg・「緑と花火」
様々なことに苛立って仕方ない南は、ふと向かったバッティングセンターで幼馴染のヒロキの姿を見る。彼は突然、南を夏祭りに誘う。「神様がいるんだ」それは彼のいつもの口癖だった。
 試し読み - http://save-own-sentences.tumblr.com/post/64867883502


・「赤と固執」
寂しさを感じている莉優は、謎深い年上のシンとの触れ合いから、彼の謎に迫るため、デートの場所に夏祭りを選ぶ。「一番好きな人と付き合って、二番目に好きな人と結婚したい」それは彼の最低の台詞だった。
 試し読み - http://save-own-sentences.tumblr.com/post/64773796263


○「さよならという子」義里カズ
 [既刊/長編/オンデマ本/76P/100円]
その子は、名前をシーユーと言った。髪の間から見える表情が寂しげで、声をかけるのすら躊躇われた。あるいは、私が持っていた寂しさと反発し合っていたのかもしれない。
詳細 - http://despairyouth.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html
立ち読み - http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=25060453&bookid=240

 文フリ15にて発行の既刊。少部数ながら持っていきます。


 その他チラシ、無料掌編などを予定しています。
 当日は少色、義里カズがブースにいます。よろしくお願いします!

----------
関連リンク
文学フリマ公式
文学フリマwebカタログ
みんなの文学フリマ情報ウィキ - 絶望系青春同盟

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

進捗とか夏の暑さとか

 こんにちは、義里です。
 一か月ごとに更新しようと打ち合わせで私が提案したのにすっかり忘れていました。

 第17回文学フリマの開催もあと一か月を切り、私どもも少しずつ準備を進めています。
 しかしながら、メンバーの生活環境が変わり、十分な活動ができない状態でもあります。ただ当日はおそらくブースに二人いると思います。おそらく。

http://bunfree.net/?17th_circlenumber
 ブース番号が決まったようです。F-35。会場入って一階左手奥。

 新刊予定の二冊「青い引力/義里カズ」「青と黒/少色」に関しても、スケジュールの見通しが立つか分からなくなってまいりました。頒布できるように努力します。
 同様にサークル誌は既刊のみとなるかもしれません。そういった情報は追ってブログでお知らせしようと思います。

 「青い引力」の方は、連作短編です。ある田舎の街に紛れる高校生。夏祭りとその前日、彼・彼女らの過去と一つの選択についてです。
 書いている時、花火の打ち上げに間に合わず農道を歩きながら夏祭り会場に向かった昔を思い出しました。

 また、カタログには載せませんでしたが、別の試みとして、BCCKSのサービスを利用したマメ本の頒布を予定しています。注文の都合上マメ本は12部限定の予定です。

 さて、よろしくお願いします。頑張ります。

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

第17回文学フリマで本出します

 しょーしきです。タイトルの通り、第17回の文学フリマに絶望系青春同盟として出ます。大阪に出なかったので約1年ぶりということになりますね。1年経ってるから何か進歩してるかといわれると全く何も進歩していませんね。主にハートオブクラウンのせいなんですが。抽選も無いらしいのでおそらく問題なく出ることができるとは思います。
 
 現状、どんな感じの本が出せるのかはよく分かってませんが、私としましては百合物を2本ほどだしたいと思ってまして、間に合うようなら拙作「厳格的殺人鬼社会」をどうにかした物もポンとできたらいいかなーという感じです。いつものサークル本We Are Romantic 5はおそらく出ます。義里さんのほうからの連絡によると「夏休みの少年少女の連作短編集」が出るかもしれないとのことです。

 で。
 百合物を2本とか言ってますが、一本は以前に書いた「図書館×黒ロン」の完全版として「青と黒」なるタイトルとして出すつもりです。青と黒とというタイトルはスタンダールの名作「赤と黒」のパクリなのはいうまでも無いでしょう。タイトルの赤と黒というのは革命の血の色と修道服の黒色を象徴しているといわれていますが、「青と黒」とはどちらも黒髪ロングの色ということで一つどうでしょう。
 
 もう1つの百合物はまだ全然どうなるか分からないのですが、ゴスロリが出てきたらいいなーと思います。決してモバマスの影響ではないです。

 殺人鬼の方はできたら……というか余裕があったら……というか……。そもそも、第11回の文学フリマで出したバージョンが三点リーダが変換出来てなかったり誤字が直ってなかったりととても世に出せるような物になってなかったのが問題でして、どうせちゃんとしたのを出すならきちんと直して見たいと思うのですが、いつのことになるやらという感じです。

 そんなところでしょうか。
 とはいえ、ここでこう書いてしまった以上、何らかの物を形にしないといけないよなーとそう思っていますので、よろしく、未来の自分(丸投げ

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

despairyouth

Author:despairyouth
絶望系青春同盟
物語サークル。

●メンバー
・少色(twitter@syousiki)
 小説書いたり麻雀打ったり。
 同盟のディティール担当。
 執筆のほか、表紙写真およびデザインを担当。
 http://syousiki.blog53.fc2.com/

・義里カズ
 物語書き。いろんな所で文章公開中。
 同盟の手続き担当。
 執筆のほか、各種手続およびレイアウトを担当。
 http://aerial.kitunebi.com/

●終了イベント
2010/12/05 第十一回文学フリマ
2011/06/12 第十二回文学フリマ
2012/05/06 第十四回文学フリマ
2012/11/18 第十五回文学フリマ
2013/11/04 第十七回文学フリマ
2014/05/05 第十八回文学フリマ

●これからの参加予定イベント
2014/11/24 第十九回文学フリマ

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
既刊一覧
○2014/05/05 第18回文学フリマ
・「ハインダー・ハイエース」少色
「ハインダー・ハイエース」少色


○2013/11/04 第17回文学フリマ
・「アナザー・アナバイオシス」少色
「アナザー・アナバイオシス」少色
・「青い引力」義里カズ
「青い引力」義里カズ


○2012/11/18 第15回文学フリマ
・「さよならという子」義里カズ
「さよならという子」義里カズ
・「We Are Romantic 4」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 4」絶望系青春同盟・編


○2012/05/06 第14回文学フリマ
・「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
・「雪はまるで泥のよう」義里カズ
雪はまるで泥のよう」義里カズ


○2011/06/12 第12回文学フリマ
・「私の存在証明」義里カズ
「私の存在証明」義里カズ
・「トラブラー・トラベラー」少色
「トラブラー・トラベラー」少色
・「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編


○2010/12/05 第十一回文学フリマ
・「ラムネクラブ」義里カズ
ラムネクラブ/義里カズ
・「厳格的殺人鬼社会」少色
厳格的殺人鬼社会/少色
・「We Are Romantic」 絶望系青春同盟・編
WeAreRomantic/絶望系青春同盟・編

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。