スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十一回文学フリマに参加します - 絶望系青春同盟E-28


※このイベントは終了しました

2015年11月23日、第21回文学フリマに、絶望系青春同盟が参加します。


2015/11/23 月(祝) 11:00-17:00 東京流通センター(TRC) 第二展示場(E・Fホール)
第二十一回文学フリマ ブース:E-28「絶望系青春同盟」
(一階Eホール左側)
サークルwebカタログ https://c.bunfree.net/c/tokyo21/1F/E/28



○「あの頃一番の輝石」 / 義里カズ
[新刊/文庫本/総集編/214P/800円(予定)]
2010-2014年の作品をまとめて収録。

収録作一覧
・二十万と一つの印 - Small marks
視聴覚室、そこにいた同級生の女の子。彼女の毎日の行動はある使命に満ちていた。その意味に気づいた僕は一歩踏み出す。2011年初出。自分の書いているものを出せと言われたらまず考えるのがこの作。
・懸想、回想、仮想 - Fishtank
卒業式の日、ある一人に対し呟き続ける、絶対に届かない独白。2010年初出。掌編。これに関しては分かりやすさを隠せない。なお、引っかけではないのでフィニッシングストロークもミステリ的要素もない。
・アメジストの早計 - Amethyst
井口は、同級生の奈々枝に対しある嘘をついてしまう。その他愛もない発言がある出来事に及び、井口に重くのしかかっていく。2012年初出。よくある風景を描いた。道の駅も、宝石も、バイトも部活も嘘も。
・卒業不能 - Impossible Graduation
魔法を使えるようになる代わりに年を取らなくなったあたし。まさか辞めることが出来ないと思わなくて。ついに覚悟を決めてある魔法を開発する。2010年初出掌編。私が魔法少女を書くとこうなるという実例。うそ。
・動揺文化祭 - After Festival
年に一度の祭りが終わり、書道部の打ち上げが始まる。しかし部長だけが来ない。部員の三人はそれぞれ思い出す、最近の彼女は少し変だった、と。2010年初出。「どうして謎が解けるのか」という意味でミステリ。
・さよならという子 全三話 - See you, see you.
高校二年の無気力な生活。そんな絵里の前に、シーユーと名乗る彼女は現れる。二人の三カ月の歩みはいつもさよならとともにあった。2013年初出。ネット公開なし。在庫減ったし改めてまとめた。
・蠍の覚悟 - Orion
紀都が短冊に書いたのは星座オリオン。彼女はいったい何を願ったのか。ぼくに足りないものが分かった瞬間、その謎が解ける。2012年初出。モノクロの世界がすっきりしている。

試し読み

あの頃一番の輝石』 義里カズ著



○「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」(既刊) / 絶望系青春同盟・編s-hyoushi-a5dpi150.jpg

[既刊/短編集/A5版オンデマ本/56P/500円(予定)]
山間部にある田舎の村、尾輪里村。その静かな村を象徴している出来事。それは当人たちにとってはあまりに重要である。

第19回文フリ発行の既刊です。
収録作
ハインダー・ハイエース / 少色
 地元の施工業者で働く真。泊まりに来た従妹のミオをあしらっていたが、今年は。
切れ目の記憶 / 義里カズ
 引きこもりの女の子、美並ちゃんのことを今日も僕は見舞いに行く。ところで村には不穏な空気が流れていて。試し読みはこちらtameshiyomi_war5.txt [txtファイル、16KB]


当日はブースに義里カズ、少色がいます。
よろしくお願いいたします!

第二十回文学フリマに参加します - 絶望系青春同盟ウ-27


※このイベントは終了しました

2015年5月4日、第20回文学フリマに、絶望系青春同盟が参加します。

2015/5/4 月(祝) 11:00-17:00 東京流通センター(TRC) 第二展示場(E・Fホール)
第十九回文学フリマ ブース:ウ-27「絶望系青春同盟」
(二階Fホール中央付近)
サークルwebカタログhttps://c.bunfree.net/c/tokyo20/2F/%E3%82%A6/27

○「エンドビレッジ・アンドビッチ」 / 少色
[新刊/A5コピ本/20P(予定)/200円(予定)]




○「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」(既刊) / 絶望系青春同盟・編s-hyoushi-a5dpi150.jpg

[既刊/短編集/A5版オンデマ本/56P/500円(予定)]
山間部にある田舎の村、尾輪里村。その静かな村を象徴している出来事。それは当人たちにとってはあまりに重要である。

第19回文フリ発行の既刊です。
収録作
ハインダー・ハイエース / 少色
 地元の施工業者で働く真。泊まりに来た従妹のミオをあしらっていたが、今年は。
切れ目の記憶 / 義里カズ
 引きこもりの女の子、美並ちゃんのことを今日も僕は見舞いに行く。ところで村には不穏な空気が流れていて。試し読みはこちらtameshiyomi_war5.txt [txtファイル、16KB]

第19回文学フリマお疲れ様でした - 絶望系青春同盟

 第19回文学フリマ「絶望系青春同盟」ウ-54にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 義里です。
 一年ぶりの参加にてんやわんやでした。
2014-11-24 1110532014-11-24 111102
 ブースはこんな感じ。
 デザイン方面でどうしても手が回らなかったのが反省点です。

 今回会場を見た様子だと、もう円熟期に入っているというか、あまりに安定感が出てきたようなイベントに感じました。
 内部留保と表現すればいいのか、そういった内々でのまわりも増加しているように感じます。
 そういった話は進んでいるのだろうかと思います。

 さて、次回ですが、おそらくまた私の生活状況が変わるために参加未定です。
 なんとかできればいいなあ……。

第十九回文学フリマに参加します - 絶望系青春同盟ウ-54


※このイベントは終了しました

11月24日、第19回文学フリマに、絶望系青春同盟が参加します。
今回は田舎村を舞台とした短編集「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」を頒布します。

2014/11/24 月(祝) 11:00-17:00 東京流通センター(TRC) 第二展示場(E・Fホール)
第十九回文学フリマ ブース:ウ-54「絶望系青春同盟」
(二階Fホール中央付近)
サークルwebカタログhttps://c.bunfree.net/c/bunfree19/2F/%E3%82%A6/54
bunfree19-post-a


○「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」 / 絶望系青春同盟・編s-hyoushi-a5dpi150.jpg

[短編集/A5版オンデマ本/56P/500円(予定)]
山間部にある田舎の村、尾輪里村。その静かな村を象徴している出来事。それは当人たちにとってはあまりに重要である。

収録作
ハインダー・ハイエース / 少色
 地元の施工業者で働く真。泊まりに来た従妹のミオをあしらっていたが、今年は。
切れ目の記憶 / 義里カズ
 引きこもりの女の子、美並ちゃんのことを今日も僕は見舞いに行く。ところで村には不穏な空気が流れていて。
残る響き / 義里カズ(おまけペーパー予定)
 将来に憂い顔の中学生久美香と、ある感情を抱える葉茅先生。彼らの別れ。

試し読みはこちらtameshiyomi_war5.txt [txtファイル、16KB]

○「二十万と一つの印(マメ本版)」 / 義里カズ
[短編/マメ本/48P/200円(予定)]
bunfree19-mamehon1
 ――暗い部屋にいた女の子は印を集めていた。
 古びた小学校を再び訪れる。そこにあるべきものを探して。あるかどうかは分からない。それはあの時、彼女が残そうとした印であり、特に大きくもない、願いだった。僕はあの部屋で彼女と出会い、その願いを知ったのだ。


 以前公開した短編を小さな本にしました。手のひらサイズです。
 マメ本という都合により10部限定です。


その他ペーパー等を予定しています。
 当日は少色、義里カズがブースにいます。
よろしくお願いします!

----------
関連リンク
文学フリマ公式
文学フリマwebカタログ

文フリ19に向け

 義里です。
 第十九回文学フリマへの申し込みが完了しました。
 今回も抽選はなさそうとのことで、出展できそうです。

 前回私用により私は参加できず、迷惑をかけてしまいました。
 今回はおそらくブースにいることができそうなので、現在から準備を進めています。

 久しぶりのオンデマ短編集を出そうという予定ですが、間に合うかなあ……。
プロフィール

despairyouth

Author:despairyouth
絶望系青春同盟
物語サークル。

●メンバー
・少色(twitter@syousiki)
 小説書いたり麻雀打ったり。
 同盟のディティール担当。
 執筆のほか、表紙写真およびデザインを担当。
 http://syousiki.hatenablog.com/

・義里カズ
 物語書き。いろんな所で文章公開中。
 同盟の手続き担当。
 執筆のほか、各種手続およびレイアウトを担当。
 http://aerial.kitunebi.com/

●終了イベント
2010/12/05 第十一回文学フリマ
2011/06/12 第十二回文学フリマ
2012/05/06 第十四回文学フリマ
2012/11/18 第十五回文学フリマ
2013/11/04 第十七回文学フリマ
2014/05/05 第十八回文学フリマ
2014/11/24 第十九回文学フリマ
2015/11/23 第二十一回文学フリマ
2016/05/01 第二十二回文学フリマ
2016/09/04 第一回文学フリマ岩手


●これからの参加予定イベント
2017/05/07 第二十四回文学フリマ
2017/06/11 第二回文学フリマ岩手

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
既刊一覧
○2016/9/4 第1回文学フリマ岩手
・「ロリータの温度」 少色



○2016/6/1 第22回文学フリマ
・「制服探偵」 少色



○2015/11/23 第21回文学フリマ
・「あの頃一番の輝石」義里カズ



○2015/5/4 第20回文学フリマ
・「エンドビレッジ・アンドビッチ」少色


○2014/11/24 第19回文学フリマ
・「We Are Romantic 5 ―尾輪里村の醜聞―」絶望系青春同盟・編
・「二十万と一つの印(マメ本版)」義里カズ


○2014/05/05 第18回文学フリマ
・「ハインダー・ハイエース」少色
「ハインダー・ハイエース」少色


○2013/11/04 第17回文学フリマ
・「アナザー・アナバイオシス」少色
「アナザー・アナバイオシス」少色
・「青い引力」義里カズ
「青い引力」義里カズ


○2012/11/18 第15回文学フリマ
・「さよならという子」義里カズ

・「We Are Romantic 4」絶望系青春同盟・編



○2012/05/06 第14回文学フリマ
・「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 3 ―図書館×○○―」絶望系青春同盟・編
・「雪はまるで泥のよう」義里カズ
雪はまるで泥のよう」義里カズ


○2011/06/12 第12回文学フリマ
・「私の存在証明」義里カズ
「私の存在証明」義里カズ
・「トラブラー・トラベラー」少色
「トラブラー・トラベラー」少色
・「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編
「We Are Romantic 2」絶望系青春同盟・編


○2010/12/05 第十一回文学フリマ
・「ラムネクラブ」義里カズ
ラムネクラブ/義里カズ
・「厳格的殺人鬼社会」少色
厳格的殺人鬼社会/少色
・「We Are Romantic」 絶望系青春同盟・編
WeAreRomantic/絶望系青春同盟・編

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。